夏の間の脇臭の予防と処理

エターナルフォース健康 > ワキガ対策 > 夏の間の脇臭の予防と処理

夏の間の脇臭の予防と処理

2015年6月 4日(木曜日) テーマ:

夏は薄着になることも多く、更に暑くて脇から汗が。

普通の事だけれど、ちょっと時間が経ってくると臭い。

ワキガまではいかないようけれど、ワキガって自分では分からないとも言うし。

人から臭い、と直接言われた事がないけれど、どうにもこうにも自分ではとても気になって仕方ない。

実際、親友がワキガだったらしいけれど、私は彼女が臭いと感じた事が1度もなく。

でも、本人が気になっていたらしく医者に行ったら「ワキガです」との事で手術を受けることに。

手術後はしばらく脇が痛くて腕が上がらず、家族の助けが必要だったとか。

以前はスプレータイプのデオドラントを使っていたけれど、あれは一度汗をかいたらそこで終了。

暑い日は、家から駅までの5分で終了。

電車内の吊革に掴まるときなど、脇の匂いが漂わないか不安で堪らず。

夏の間は常にバッグの中に汗を拭き取るタイプののウェットティッシュを持ち歩いている。

最近のは、パウダー入りだの何だのと良い匂いがする物も多く、活躍しているけれど、やはりちょっと時間が経つと、パウダーの匂いと脇の匂いが混じって結構臭い。

1番有効だと今のところ思うのは薬用のスティックタイプのデオドラント。

スプレータイプのなどに比べると少し割高だけれど、スティックタイプだから長持ち。

そして本当に脇の匂いが漂わない。

朝付けたら夕方くらいまで大丈夫。

でも、服に汗染みが出来てしまうと、何をしても結構臭い。

本格的なインドカレーなど食べた翌日は、脇がカレーの匂いがしたりしてこれまたどうして良いやら。

薬用デオラボクリームの効果と使い方なら


関連記事

夏の間の脇臭の予防と処理

夏の間の脇臭の予防と処理

2015年6月 4日(木曜日)

夏場のワキガ対策として

夏場のワキガ対策として

2015年3月27日(金曜日)